2014年02月04日

「たった3分の1」だって?

安倍晋三総理大臣は、憲法改正にことのほか意欲的ですが、今日の衆議院予算委員会での発言には耳を疑いました。

日本国憲法96条で、憲法改正の発議のためには「(国会の)各議院の総議員の3分の2以上の賛成」が必要とされている点について、安倍総理は、「国会議員のたった3分の1で、国民の6、7割がもし憲法改正を望んでいたとしても、それを拒否するのがいいのか。そういう意味で96条は改正すべきだ」と発言されたようです。

続きを読む
posted by 暫定管理者 at 17:37| Comment(0) | 日記